名古屋市名東区にある⻘⽊⻭科医院では、患者様が快適に治療を受けられるように配慮しています。
⻭が痛い、しみる、グラグラする、詰め物がとれたなど、
お⼝に関するご不安がありましたら、どんな些細の事でもいいのでお気軽にご相談ください。

むし⻭治療

⻭がしみる・⻭の⾊が変わった・詰め物が取れた、など何か症状に気づいた場合、むし⻭の可能性があります。
  • こんな症状があったら注意

    • icon

      ⻭がズキズキと痛む
    • icon

      冷たいものがしみる
    • icon

      歯に黒い穴が開いている
    • icon

      歯の色が変わっている所がある
    • icon

      歯の痛みを放置していたら痛くなくなった

    むし⻭の進⾏状況

    むし⻭は、進⾏度を5段階に分けることができます。
    • c0

      初期むし⻭のため、削らない治療で治せる範囲。
      C0
    • c1

      むし⻭がエナメル質にとどまっている状態。無症状。
      C1
    • c2

      むし⻭が象⽛質まで進⾏し、咬合や冷⽔など刺激によって痛みがある。
      C2
    • c3

      むし⻭が⻭髄まで進⾏した状態。激痛や不快感がある。
      C3
    • c4

      神経が失活し、⻭に⼤きな⽳が開き、崩壊している状態。
      C4
  • むし⻭の原因

    むし⻭は、⼝腔内に蓄積したプラーク(⻭垢)と細菌が原因です。細菌が、プラークを餌として作り出す酸によって⻭が溶けることによって発⽣します。

    むし⻭は、Keysの4つの輪という考え⽅があり、①宿主(⻭並びや唾液量)、②⾷べ物(プラーク)、③細菌(むし⻭菌)、④時間(間⾷の回数)の4要因が重なることで発⽣すると考えられています。

    効果的なブラッシングや、⾷⽣活の⾒直しによりむし⻭になるリスクを減少することができますが、できてしまったむし⻭は、⾃然治癒することはありません。

    むし⻭の原因

    早期発⾒・治療の重要性

    むし⻭治療は、進⾏度によって、治療⽅法が異なりますが、早ければ早いほど治療回数や痛みを少なく終えることができます。
    ⼩さな初期のむし⻭では削らずに「MIという考え⽅」進⾏を抑制する⽅法、⼩さな⽳が開いてしまったむし⻭に関しては削ってレジンという⻭に類似した⻭科材料を充填することで治療します。
    進⾏したむし⻭では、⿇酔をして神経をとる根管治療の後、⼟台を作り、被せ物をする治療や、抜⻭が必要になるなど、治療にかかる時間や費⽤負担が⼤きくなってしまいます。

⻘⽊⻭科医院のむし⻭治療

当院では、治療中の痛みに配慮し、治療完了後は、むし歯の再発防止に患者様とともに取り組んでいます。

進⾏状況別の治療内容

  • フッ素などを用いて積極的に再石灰化に努めます。
    C0
  • C1~C2の範囲であれば、レジン充填により即⽇で治療を終えることが可能です。
    しかし、むし⻭が進⾏し、削合する⻭質が多ければ、補綴物(詰め物やかぶせ物)による治療が必要になります。
    C1〜
    C2
  • C3の段階になると、感染した⻭髄を除去する根管治療が必要です。
    根管治療は、1~2週間の頻度で来院して頂くことが必要です。
    根管治療は感染をしっかりと取り除く事が必要な為、治療の回数が数回かかることが多いです。
    C3
  • 残念ながら、C4まで進⾏した場合、保存が不可能なことが多く、抜⻭が選択されます。
    C4

安⼼・安全のむし⻭治療

当然のことですが、新型コロナウィルスの感染猛威が起こる以前から、むし⻭の不快感を抱えた患者様がより安⼼・安全にむし⻭治療を受けられるように、当院では様々な対策を⾏っています。
むし歯治療への不安を無くすために
むし⻭治療が苦⼿な⽅は、これまでの⻭科治療経験によるトラウマが強いようです。
当院では、患者様に処置内容について、⼗分な説明を⾏ったうえで治療を開始します。

治療への不安を無くすために

徹底した治療中の感染症対策
当院は診療で使⽤した器材の消毒、滅菌を⾼⽔準で⾏っております。
診療中は、⼝腔外バキュームを作動し、エアロゾル対策を⾏っています。

徹底した感染症対策

むし歯を繰り返さない為の取り組み
むし⻭は、⼀度なると再発のリスクがあります。
むし⻭を残さない為にレントゲン写真でしっかりとむし⻭の範囲を把握し、むし⻭を染める液(カリエスチェック)を⽤いむし⻭の取り残しが起こらないよう、むし⻭の再発が起こらないよう治療を⾏います。 治療完了後は定期的なメインテナンスが⼤切です。

繰り返さない為の治療案内

⻘⽊⻭科医院の根管治療

⾍⻭が神経に近接する場合や、神経まで感染した場合には、根管治療が必要です。

根管治療とは

⻭の根には、根管といって神経が通っている部屋があります。
⾍⻭が進⾏し、神経に近接する場合や、神経まで感染した場合には、神経を除去する治療=根管治療が必要です。
根管の数や形態には、前⻭や奥⻭といった⻭の種類や、個⼈差があるため、それぞれの根管の形態にあった治療を⾏うことが⼤切です。

根管治療が必要なケース

・象⽛質う蝕
う蝕(⾍⻭)が神経に近接し、神経を保存することで良好な予後が期待できない場合
・⻭髄炎
⾍⻭による炎症が神経に波及し、強い痛みや不快感がある場合
・根尖性⻭周炎
神経への⾍⻭の感染が⻭根の先から⾻まで波及している場合

治療の流れ

根管治療は、⼤きく分けて“抜髄”と“感染根管治療”があります。
抜髄は、⻭髄炎など神経が⽣きている⻭に⾏う処置で、感染根管治療は根尖性⻭周炎などすでに⻭の神経が失活している⻭に対して⾏う処置です。治療の流れは以下の通りです。必要に応じて局所⿇酔を⾏います。
  • イメージ

    1
    ①感染⻭質の除去
    ⾍⻭の除去
  • イメージ

    2
    ②⻭髄除去
    ⻭を真上から切削し、⻭髄へとアプローチ します。⻭髄を器具で除去します。
  • イメージ

    3
    ③根管洗浄
    薬剤で根管を洗浄します。
  • イメージ

    4
    ④貼薬・仮封
    根管に薬を貼薬し、仮セメントで封をして 終了です。
  • イメージ

    5
    ⑤根管⻑測定
    根管から完全に⻭髄や汚染物質を除去するまで、②〜④の⼯程を数回繰り返します。完了したら、根管の⻑さを専⽤の器具で測定します。
  • イメージ

    6
    ⑥根管充填
    最終的な薬剤で根管内に空隙がないよう に充填します。

当院の根管治療

CTを使⽤した正確な診断
当院では、⻭科医院のなかでもまだ導⼊の進んでいないCTを導⼊し、積極的に治療に活⽤しています。
根管治療の際にも、CTは、複雑な根管の形態を把握するために有効です。

CTを使⽤した正確な診断

衛⽣管理の徹底
根管治療では、細菌を取り残してしまうと再発のリスクがあるため、根管内の無菌化が⼤切です。
当院では、根管治療に⽤いる器具は、ディスポーザブルや、クラスBのオートクレーブにより滅菌を⾏っております。
徹底した衛⽣管理のもと、再感染の予防に努めております。

衛⽣管理の徹底

⻘⽊⻭科医院のレーザー治療

当院では新しい機器も導⼊しており、レーザー治療も⾏うことができます。

⼝内炎の治療

⼝内炎は、不快感が強く完治するまで3⽇〜1・2週間程度必要です。
当院では、レーザーにより、消炎を⾏い、組織の再⽣を早めることがで治癒を早めます。

切開

膿や歯ぐきの切開で使用します。
レーザーは切開と同時に止血・殺菌を行う事ができ、傷の治りも早いため、患者様の負担を軽減する事ができます。

歯の萌出の助長

永久歯がなかなか生えてこない場合や、左右の永久歯の萌出スピードが違う場合は、歯肉が永久歯の萌出を妨げている場合があります。
(乳歯の晩期残存の可能性も)
その場合、低侵襲のレーザーを用いて歯肉を少し切ってあげることで、永久歯の萌出を助けることが可能です。

小帯の切除

小帯の付着位置によっては、歯並びに影響を及ぼしたり、口の動きを阻害してしまうことがあります。
上唇小帯異常や舌小帯異常の診断となった場合は、レーザーを使用して切除していきます。

ガムピーリング

⻭⾁の⾊が、⿊ずむ原因としてメラニン沈着が考えられます。
レーザーを照射することで、⻭⾁の組織のターンオーバーを促進し、蓄積したメラニンの除去が可能です。
⻘⽊⻭科医院では、むし⻭治療から⻭周病治療、訪問診療まで
患者様やご家族の様々なお⼝の不調に対応しています。