⼊れ⻭には、患者様のそれぞれのお⼝の状態に沿った設計が必要です。
⻘⽊⻭科医院では、多くの⼊れ⻭治療を⾏ってきた経験から、
患者様がより快適に⼊れ⻭をご使⽤になれるような治療を⼼がけております。
当医院では技⼯⼠の弟と共に⼊れ⻭の設計を考えより患者さん個⼈に適した⼊れ⻭を作れるよう努⼒しております。

こんなお悩みありませんか

  • icon

    ⼊れ⻭が⽋けてしまった
  • icon

    ⾷事中に噛むと痛い、⼊れ⻭が外れる
  • icon

    ⼊れ⻭が痛く、⻑時間つける事ができない
  • icon

    ⾃分に合った⼊れ⻭を探している
  • icon

    部分⼊れ⻭の⾦属を無くしたい
  • icon

    ⼊れ⻭でもできる限り⾷事を楽しみたい

⼊れ⻭の種類

⼊れ⻭は、⻭の本数や材質によって、分類することができます。
  • ⻭の本数(残存⻭数)による分類

    総⼊れ⻭
    ご⾃⾝の⻭がすべてない場合には、総⼊れ⻭と⾔います。総⼊れ⻭の場合には、⼊れ⻭と粘膜の吸着によりお⼝の中での位置関係を維持します。

    総⼊れ⻭

    部分⼊れ⻭
    ご⾃⾝の⻭が残っている場合には“部分⼊れ⻭”と⾔います。
    部分⼊れ⻭の場合には、クラスプと呼ばれる⾦属のバネを⻭に引っ掛けて固定します。

    部分⼊れ⻭

  • ⼊れ⻭を作っている材質による分類

    レジンプラスチック床
    入れ歯の主流であるのがレジンプラスチック床による入れ歯です。
    保険診療で製作することができます。

    レジンプラスチック床

    ⾦属床
    ⾦属床の⼊れ⻭は、保険外診療で製作します。
    ⼊れ⻭の厚みを薄くすることができるので、より違和感がなく使⽤することができます。また⾦属を使⽤するため熱の伝わりもいいのも特徴の⼀つです。

    ⾦属床

    ノンクラスプデンチャー
    (スマートデンチャー)
    ノンクラスプデンチャーとは⾦属の⾦具を使⽤しない⼊れ⻭の事で、⼊れ⻭を装着していることが分かりにくいといったメリットがあります。
    こちらも保険外の治療で、 ⾼度な技⼯技術が必要です。

    ノンクラスプデンチャー(スマートデンチャー)

⻘⽊⻭科医院の⼊れ⻭治療

⻘⽊⻭科医院では、⻭科医師の⽬的と⻭科技⼯⼠の技術が理想的に反映した⼊れ⻭を作ることができます。

技⼯所を併設

当院では、技⼯所を併設しているため、模型や設計書だけでは伝わりにくい⻭や粘膜の状況を共有することができます。

技⼯所を併設

希望と悩みに合わせたご提案

⼊れ⻭の不具合や破折など修理が必要な場合があります。
もちろん、チェアサイドで完了するものもありますが、お預かりして次の来院時に修理してお返しするという⻭科医院が⼤半です。
当院では技⼯所を併設しているため前もってご連絡をいただければ、即⽇修理可能な場合もありますのでご相談ください。

また、経験と技術力のある歯科技工士が在籍しておりますので、より患者様のご希望にそった設計などをご提案することも可能です。

希望と悩みに合わせたご提案

⻘⽊⻭科医院は、技⼯所を併設し⼊れ⻭治療を得意とする⻭科医院です。
名古屋市名東区以外からも多くの患者様にご利⽤いただいております。